本庄市の発達支援事業と放課後等デイサービス

糸ぐるまは、埼玉県本庄市の障害の早期発見早期療育を基本に据え発達障害のある就学前のお子さまから小学生を対象にした児童発達支援事業所・放課後等デイサービス(多機能型事業所)です。

児童発達支援事業所

児童発達支援は障害の度合いに関わらず、保護者の申請によって利用できますが、市町村で「受給者証」を受ける必要があります。受給者証は公的なサービスを廉価で受けることを可能にします。

  • 応用行動分析による療育活動は本事業所の中心的な指導法のひとつです。例えばトークンエコノミーなど「好子」を応用した様々な方法により問題行動の改善や発語指導等々に応用行動分析の手法を活用し指導しています。
  • モンテッソーリ教材を準備し、お子さまの自由な発想と自発的な取り組みによる知的発達を促す環境を準備しています。
  • 音楽活動によりリズムを楽しみ、集団による遊戯の面白さを知るとともに感性豊かな人間性を養うことに心掛けます。
  • 創作活動では、迷路、折り紙、粘土遊び、紐通しなど太田ステージを活用し、お子さまの知的発達に合わせたプログラムを提供します。

基本方針

早期発見早期対応を基本理念として運営しています。そのためには的確なアセスメントとアセスメントバッテリーに基づく療育プログラムを提供があると考えます。(WISC-Ⅳ・K-ABC・PEP‐3等)

  • 主訴となるニーズや問題行動に対応する個別支援計画に基づく療育を行います。
  • 特別支援教諭、障害児保育経験者をスタッフに抱え療育支援を行います。
  • 特にことばの発達に着目し発語・発話指導を行います。
  • 応用行動分析に基づく指導は家庭に於いて保護者の皆様にも取り組む必要があるため、必要に応じ参加参観をお願いしています。
  • 日々教材研究を行いながらお子さまのニーズに応じた療育訓練を提供致します。
  • 指導時間は家庭と保護者様の都合に合わせ調整致します。基本は個別指導45分と集団指導45分の両面からその子の特質に合った療育プログラムを考えます。

今月の予定表